ikkuna/suzuki takayuki

オーガニックコットン 一般の綿花畑では、大量の化学農薬が使用されています。世界の耕作面積に対し、綿花の面積はわずか5%弱であるにもかかわらず、殺虫剤の使用量は全体の25%にも達します。手間をかけず早く大量のコットンを生産するためです。オーガニックコットンは、化学農薬を一切使用せず、有機農薬を用い、天敵の昆虫を活用することで害虫駆除を行うなど、大変な手間と労力とを費やして作られるだけでなく、周辺の自然環境や、農業者と近隣の住民の健康にも負担がなく、理想的な栽培方法で育てられたコットンです。また、今日、繊維製品の低価格競争の背景には、接取的な労働の末、貧困に苦しむ生産者の姿があります。原産地とのフェアートレード化を進め、オーガニックコットンを通じ正当な労賃を払い、働く環境を整え、子供の就労を止め、貧困救済支援に貢献する活動を続けていければと思います。About Organic Cotton Conventionally grown cotton consumes 25% of the pesticides used in the world. This is because of mass-producing cottons. On the other hand, Organic cotton is grown without the use of pesticides and synthetic fertilizers. It uses beneficial insect, biological and cultural practices to control pests. We can say that Organic cotton is grown using ideal methods and materials that have a low impact on the farmers, neighbours and environment. Besides, plummeting prices for raw materials like cotton have created a no-win situation for hard-working farmers. Some farmers have been struggling just to eke out a livelihood. By supporting Fair-Trade, Farmers get a fair deal for their labour with safe working conditions. We can also help stopping ‘child labour’